素敵な指輪

結婚指輪について

指輪を持つ

今後の予測について

婚約の証として指輪を贈る習慣は古代からあったものの、結婚指輪として交換するのは大体11世紀ごろから行われていたため、長い歴史を持っています。 しかしながら日本では、指輪自体は明治時代に西洋から入ってきたものの、男性がアクセサリーをつけるという習慣がなかったため、結婚指輪を交換することはあまりされていませんでした。戦後、高度経済成長期を経て日本におけるウェディング市場の西洋化が急速に進みました。チャペル式が多くなったこともあり結婚指輪の交換は、今では結婚式として必要不可欠なものになっています。 また、男性も女性も既婚者というシンボル的な位置づけで結婚指輪を身につける人が増えており、挙式が神前式や挙式をしなくても持っている人は増えています。

今後、結婚指輪は今までと同じように結婚式に必要不可欠なものでありかつ既婚者のしるしとして身につける人は今までと同じくらい多いと思われます。しかしながら結婚指輪の形やデザイン、素材などについては多様化していくと予想されます。 今でも、婚約指輪と重ねづけできるスタイルは人気ですがそれだけでなく自分たちでセミオーダーする人が増えていきます。さらに和風のものやキャラクターとコラボレーションしたものや、自分たちでジュエリー工房で手作りしたものなど個性豊かな結婚指輪が出現していくと考えられます。 それにより価格も、高価なものもあれば日常使いできるくらいお手頃な価格のものもあるなど価格帯も広がると考えられます。

Menu

このエントリーをはてなブックマークに追加